一般的に高齢妊娠と呼ばれるようになる年齢は35歳とされています。高齢妊娠と聞くと何となく出産が大変そうというイメージがありますが、それ以前に妊娠する可能性が非常に低いのをご存知でしょうか?

35歳の高齢妊娠では排卵日に性交渉を行った場合に自然妊娠する可能性は10〜15%程度だとされています。

これってかなり問題ですよね。普通に性交渉を行ってこの確率ならわかるのですが、排卵日というタイミングを合わせた性交渉を行ってこの確率というのはかなり可能性が低いということが理解できるのではないでしょうか。

月1の排卵日という最高のタイミングでこの確率なので、10〜15%の確率だと、1年妊活して妊娠できるかどうかという確率だということが理解できると思います。

このように考えると高齢妊娠の年齢になってくると、子どもが欲しいと思っていてもなかなか妊娠することができずに、妊活が長期化する可能性があるということになります。

さらに35歳ならまだ可能性はありますが、40代近くになってくるとさらに可能性は低くなってくるので注意が必要です。

最近だと40代の女性芸能人が妊娠したというニュースもありますが、高齢妊娠はそもそもの可能性が低く、色々なデメリットがあるということは知っておきましょう。詳細はこちら